スタイリング剤をうまく使おう

MENU

スタイリング剤をうまく使おう

FAROはカットや縮毛矯正が評判のヘアサロンですが、いくら優れた施術を受けても、自分で何もセットやケアをしなければ、優れた施術の真価を味わうことはできないと言っても過言ではないでしょう。
ヘアサロンでカットをしてもらう際、
多くの場合が、家でスタイリングをすることを前提に
カットやパーマなどを施術します。
ですので、家でも上手にスタイリングをすることが出来なければ、
せっかく理想通りのヘアスタイルにしてもらっても、
それを再現できないということになってしまいますので
上手なスタイリング剤の使い方について知っておくことをお勧めします。
ここでは、ワックスを使った、スタイリング方法について紹介します。

 

まず、ワックスは付け過ぎないようにしましょう。
目安として1p角程度を手にとって、
手のひらにまんべんなくなじませます。
だいだい6往復程度を目安にこすり合わせるとよいでしょう。
ワックスを髪につける時に、まずはボリューム感を出すようにしましょう。
多少爆発したように見える程度にボリューム感を出して、
ここからセットしていきます。
そのあと、最初に前髪をスタイリングします。
指でつまむような感じで毛束感を出すことで、
軽さを出すことが出来ます。
ワックスを付け過ぎるとべたついてしまいますので、注意しましょう。
つぎに、もみあげ部分をスタイリングします。
タイトに押さえつけるようにすることでフェイスラインが引き締まって見えます。
次は、トップ部分をスタイリングします。
中間から毛先をつまむように毛束感を出して、
動きを強調させるとよいでしょう。

最後にバックと襟足部分をスタイリングします。
軽くボリュームを出した後、襟足が浮かないようにタイトに仕上げることで、
顔の丸みがきれいに見えるでしょう。
シルエットが出来たらスプレーで固めましょう。
この方法で、きれいにスタイリングをすることが出来ますので、試してみてください。